二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

傘のこと

きのうは傘を持って家を出た。朝バタバタと支度をしているとき、テレビから「西日本を中心に広い範囲で雨、関東でも午後から降り出すでしょう」と聞こえてきて、え、きょうは雨かいな、と振り返ると画面には、日本地図の上に雨雲が大きく広がっている図が映…

チョコ祭り

バレンタインデー。会社では何人かからチョコをもらった。とりあえず一通り開けて、一つずつつまんだ。いま、食卓のテーブルの上に小さな可愛らしい箱がいくつか置いてある。ちょくちょく台所から振り返って、その光景にホッコリする。一度にたくさんは入ら…

昨日の話ふたつ

昨日の晩はご飯を作りながら、お腹が空いてしょうがなかった。だめだ、出来上がるまで待てない、そう思って戸棚を開けてお菓子を取り出したけど、おせんべいやらクッキーやらを前にして「違う、今はこれじゃない」と感じ、元の場所にしまった。そうこうする…

校則のこと

高校時代、校則がとても厳しかったという人の話を聞いた。髪を染めたりスカートを短くするのはもちろんのこと、お化粧もだめ、眉毛をいじるだけでも注意を受けたということだった。お化粧くらい許してくれてもいいのにねぇ、とそのときは本音で相槌を打った…

こういうところが良くないよなぁ

朝いちばん、受け取った仕事のメールが、つっけんどんだったことにムッとした。すぐにできる簡単な仕事なのを、あえて後回しにしてやりたい衝動に駆られて、「いやいや、こんな簡単に怒ってどうする」と思い直し、すぐに対処した。(丁重なお礼のメールをが…

のし袋と辞書

久しぶりにのし袋に名前を書く。金額を大字(だいじ)で書こうとして、念のためネットで漢字を調べた。よし、書くぞ、と思って筆ペンを握ったけど、なんだかやっぱりまだ不安で、席を立って本棚から国語辞典を引っ張り出してきた。それで該当する数字を調べ…

卓上カレンダーと夢

台所にちっちゃな卓上カレンダーを置いてみた。先月も次月も載っていない、ほんとにシンプルなもの。目先の予定を書き入れてみて、あぁこれは良いなと思った。私は料理なら料理、掃除なら掃除、と目の前の仕事しか見えなくなることが多いのを、ふと顔を上げ…

弱って思うこといろいろ

重めの風邪をひいた。ピークは過ぎたけど、いまも微熱があり、喉が痛く、鼻もズビズビいっている。毎日7時間の睡眠を心がけて、朝昼晩きちんと食べて、みかんも昼と夜に一つずつは食べていたのにな。まあ疲れは知らずに溜まるし、どうしても無理はするときは…

あな嬉し

仕事で頼まれたものをその人のところへ送ったら、丁重なお礼のメールが来た。たいてい「お願いします」「わかりました、送ります」「ありがとう」のやりとりで終わるところが、「きょう届きました、どうもありがとう」とわざわざ送ってきてくれた。なにやら…

お腹におつかれさま

年末年始はいつものことながらよく食べた。料理仕事から解放され、各所でもてなしを受け、とくに実家では羽を伸ばしてエネルギーを蓄えた。ただそれに並行して胃腸を酷使した。いつもと違う時間に普段食べないものを普段以上の量食べ、夜更かしをすれば翌日…

新幹線で思い出す

地元への帰省はいつも東京から新幹線に乗る。飛行機の方がずっと早く着くけど、発着する空港がへき地にあって不便に感じるのと、新幹線に乗っているのんびりした時間が好きだからだ。一度、降りる駅で降り損ねて、次の駅まで行ってしまったことがある。両親…

おせち料理の話・ご挨拶

きのうは年末から年明けまでの食材をスーパーでまとめ買いした。元旦はお雑煮だけをやる予定で、あと黒豆など出来合いのものを少し買おうかな、という気でいたけど、思っていたより高くて尻込みした。スーパー、いつもお手頃なのに、季節のものはやっぱり同…

これは平常運転

今日は、昨年から読んでいた漫画の最終巻をKindleで購入した。ラストが切なく、思わずホロリとし、そしたら止まらなくなって、しばらくシクシク泣いていた。ほのぼのとした優しい漫画で、なんとなく話の閉じ方も見当がついていた。それでも涙を誘われたのは…

ガーリックトーストの失敗について(追記)

前のブログで、ガーリックトーストの出来がいまいちだったのを、なんだかイングリッシュマフィンのせいであるような書き方をしてしまった。実際の原因は、すりおろしたニンニクの量が多すぎたことにある。昨年旦那さんが喜んで食べてくれたのを覚えていて、…

クリスマスの食卓

一年の区切りを目前にして過ごすこの時期は、特有の高揚感がある。クリスマスと歳末、一連のこの盛り上がりは、宗教はブレブレだし、商売と一体化していて、由緒も厳粛もない。でも、この拠り所のない高揚がいつも楽しみだ。今年も盛り上がってるな、押し寄…

読書・パソコン購入のこと

久しぶりにKindleで小説を買った。同じ小説家のホラー小説を二冊。きのうの日曜日にどちらも読んでしまった。家に一人だったので、ホラーなんか読んだらダメだと思ったけど、読み始めたら止まらなくなって、サンプルを読み終わったあと迷わず購入。夢中で読…

寒さが恋しい

12月にしては暖かい日が続いている。お菓子屋さんの店頭や近所の家々の庭先を飾るイルミネーションが季節外れに感じるほど。(なんだなんだ、もうクリスマスのイルミネーションやってるのか。気が早いなぁ。…あっ、べつに早くないのか。もう12月か。)上着は…

ちょっと止まって考えな

毎日料理でくたびれている。作り続けていたら手早くなって楽になるかと思っていたけど、ちょっと厳しいなと感じ始めた。キャベツは手でちぎる、豚こま切れ肉は切らずにそのまま焼いちゃう、などの小手先の手抜きをやってるだけではダメみたいだ。健康的なご…

コタツの話など

今年の夏に越してきた新居は、賃貸だけど床暖房がついている。これがとても快適だ。一人暮らしをしていたとき、冬はコタツが必需品だった。コタツでご飯を食べ、本を読み、ブログも書いた。スケッチもしたし、描いたものをスキャンしたり、パソコン作業もや…

11月のあれこれ

年末の足音が聞こえ始めるこの頃、頭に浮かぶこと。○クリスマスケーキの予約しなきゃな。あてにしている洋菓子屋さんが2つある。クリスマス前から連休ということもあるし、あわよくば日を分けてどちらのお店のケーキも楽しみたいなぁと思っている。甘いもの…

やっとこさ悟る

こないだ帰りの電車の中で、若い男の人たちが自分の子供の話をしていた。乳児のいるらしい一人が、いま夜泣きで大変なんだという話をすると、もう少し上の年齢の子のいるらしい別の人は「夜泣きか、懐かしいな」と言い、あっという間だ、というようなことを…

イライラに向き合う

定期的にイライラしやすい日がやってくる。そんな日に、「イライラしました」という内容のブログを書いたことが何度かある。今日も、そんな日にとくにある他人の言動に触れて気持ちが乱れた、そのことを書こうと思う。そんなの書いてどうするの、という感じ…

人としての素直な気持ち

依頼された作業を進めたら、依頼内容に間違いがあったと後から言われ、同じ作業をもう一度やる羽目になることがある。その時に感じる脱力感、怒りの大きさに自分で少し驚く。向こうは向こうで誰かの指示に従ってこちらに依頼をしたに過ぎず、その人が急に指…

口内炎 その後

口内炎、これがピークじゃなかったらどうしようと昨日の朝に書いたけど、はたしてピークじゃなかったようです。昨日、今日と大きさも痛みも増してる気がする。お腹は空くけど食欲は減って、晩御飯の準備に対するモチベーションが今ひとつ。でも食べたいのは…

他のことが考えられない

口内炎がいまピークを迎えている。と、思いたい。これがピークじゃないとしたらどうしよう。仕事中はずっと口元が気になり、痛みが気になり、なんとなく開き気味になる唇が乾いてそれがまた気になり。ご飯を食べるときは、反対側に食べ物を寄せて噛む。家で…

夏の終わりと口内炎

アマゾンプライムで映画の中で、真夏の光景を見た。青い空に白い雲、蝉の声。主人公が汗を拭きふき歩いている。ついこないだまでこんな気候で、毎日ふぅふぅ言いながら生活していたのに、ひとたび涼しくなればもう遠い昔のことのようで、懐かしく思えた。久…

手持ち無沙汰をスマホで埋めない

会社から帰るとき、スマホを触る癖がついている。特に用はないのに、一人になるやいなやカバンから取り出して、ラインを確認したり、ネットニュースを見たり。家に帰るより一足先にくつろいだ気持ちになれるようなところがあって、やってしまう。だけど近頃…

台風が過ぎて

台風の影響で電車が遅れていて、会社に遅刻した。何時くらいに着きます、と途中で職場に連絡して、ちょうどぴったりその時間に着くことになった。見当があたると気持ちがいい。私は気が小さい。手ごたえがなければ途端に落ち着かなくなる。言ったことややっ…

本は本棚から出てくる

読みかけている本を、料理の合間合間に読むので冷蔵庫の上に乗せておいたりする。また夜寝る前にリビングで読んでテーブルの上に伏せておいて、翌朝早起きしたときにその続きを読んだりする。その都度きちんと本棚に戻すほうが部屋は散らからなくて良いけど…

ピーマンと、キャベツの千切り後日談

父の畑で採れたピーマン。小さめで、ころころとして、届いてすぐに使わなかったから少し柔らかめになっていた。まな板の上で勢ぞろい。にんにくのすりおろしを揉みこんだ豚肉と炒めて、醤油ベースの味でいただいた。少し前にキャベツの千切りについてのブロ…