二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

履歴書に書いたアピールポイント

f:id:shouwano:20140528231947j:plain


就職活動をしていた時代、いまの会社に提出した履歴書にこんなことを書いた。

《のんびりしていて、人に対し腹を立てない性格です。》

入社前の内定者懇親会で、この履歴書を見た先輩社員に言われたことが忘れられない。

「仕事したら、人に腹立てないなんて無理だよ〜(笑)」

仕事って怒りながらやるものなの?と驚いて、「いや、私怒らんし」と内心反発した。


働いてみて、納得した。

そして2つのことを思った。

(1)社会に出るまでよくできた人たちにばかり囲まれてきた。

私の言うことにいつでも耳を傾けてくれる両親。とてもウマが合って密に付き合いながらも礼儀を忘れない友達。

親以外は自分で付き合う人を選べるということは言えるけど、結果として私は人をそこまで恨めしく思うとか、腹を立てるとかしたことがなかった。


(2)“仕事で関わる”ことの特殊さ

仕事で関わると、人に嫌なイメージを持ちやすくなる。

これは、ある程度仕事に真剣になっていくと、つい自分本位に仕事をしてしまうから。

例えば、

○対応を急かされる → 思ってた順番で仕事ができずペースが狂う → 腹が立つ

○頭ごなしに怒られる → 言い分があっても非がある以上言い返すことはNG、という常識 → フラストレーションが溜まる

イライラや我慢などの負の感情が、特定の人のイメージと絡みやすい環境がそこにある。

(もっと社歴を積めば、感情を仕事へ持ち込まない術が身につくかな。)


会社に入るまで楽しく付き合ってきた周囲の人々も、もし仕事で関われば摩擦を起こしたかもしれない。

また、折り合いの悪い上司も、別の場所で知り合えば「ちょっと馴れ馴れしい、でも話しやすいおじさん」だったかもしれない。


履歴書を書いたとき、いろいろ悩みはあれど、そこまで辛抱試される経験はなかったんだと思う。自分が人並みに短気だと気づけて良かった…のかな。