二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

おのぼりさん

f:id:shouwano:20140604231755j:plain


朝の電車のなかで気になるカップルを見た。

男の人は関西弁。女の人は標準語。

ふたりとも、互いのイントネーションに全くつられることなく話をしていた。

結構付き合いの長そうな、リラックスした雰囲気なのに、すごいなあと思った。


私なら絶対相手につられる。

間柄は関係なく、どうがんばってもつられる。

関西出身だけど、もう標準語には逆らわないことにしている。

必死に自分の方言に留まろうとして、相手と自分のイントネーションを行ったり来たりするのがカッコ悪い上、人格も定まらない。

だから思い切って学生時代に標準語はマスターしてしまった。

(英語習得したみたいな口ぶり)


相手と同じ言葉で話したほうが、ずっと話しやすく感じる。

そつなく世間話しているつもりでもイントネーションが違うだけで埋まらないものが確かにある。

生活の基本は標準語だけど、関西の人には関西弁を使う。

今ではその場の必要に応じて切り替えられる。

バイリンガル気取り)


*****


東京に出てくる前、高校生のとき『NANA』という少女漫画を読んでいた。これは私の“標準語”のイメージの原点だった。

いっぽう“東京”のイメージの原点は椎名林檎の歌。

思えばあの、おしゃれに斜に構えたような都会のイメージは学生時代に置いて来た。

いまは、仕事中に裏手の中華料理店の厨房の匂いが漂ってくるような、下町の会社で働いている。