二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

発展途上であればいいけど

f:id:shouwano:20140630223126p:plain

 

最近仕事が手いっぱい。
少し前から結構パンパンな状態だったけど、人間関係がいつになく良好なので危機感を抱いていなかった。
今日もがっつり残業して夕飯を作る体力を持って帰れず、スーパーのお弁当をつつく。
公私の区別なく仕事に邁進されている人もいるし、この時間に帰れているんじゃ早い方、というかたもいるだろう。
だけど従来その気になればアフターファイブを私事に使えるOLの感覚からすると、いつにない多忙さ。
ひとつひとつを丁寧にできなくなると、いつかきっとミスを犯してしまうので、そうなる前に助けを求めないといけない。
何でも一人でできて、ふだん人の助けが要らない孤高の人が、いざというとき「手伝ってもらえる?って言えない…」ならなんか絵になる。(マンガに出てきそう)
ひきかえ私は常に自分でわかるくらい余裕がないのに、お願いするのが苦手だ。
周りに「コレやろうか?」と言わせてしまったとき、「ああ…」と内心ガックシくる。見兼ねてヘルプされるなんて、子供のよう。



仕事を一個一個こなしているとき、まるでどんどん敵が出てくるのを退治している感覚を味わう。手持ちの仕事がはけたと思ったら、「あー、また来たあ」とグッタリしたり。
これも不本意だな。誰かが自分に依頼してくれた仕事だし、ほんとうは両手で受け取るような心構えでやりたいところ。
疲れているとこんなまともな考えもきれいごとにしか映らない。余裕って大事だ。