読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

秋の連休はこんな感じ

f:id:shouwano:20150920223635g:plain

 

お夕飯の料理にニラを使った。
全部は使わないので、テープで束ねられている下の所から何本か引き抜こうとしたら、何やら、つぶれてぐにゅぐにゅになっているところをつかんでしまって、びっくりした。うへえっと思いながら急いで水で流した。
べつに、状態が違うだけで同じものなんだけども。



話がころっと変わりますが、
私はなんとなく最後になることが多い気がする。

きのう、都心のデパートに買い物に行った。
とても混んでいて、手押しのガラス扉を、お客さんが途切れず出入りする。
私の前にはワンピースを着た女の人が歩いていて、
重いガラス扉を通るときにこちらを振り返りながら、
歩みの速度を少し緩めて支えてくれた。
目で会釈しながら、
女の人から引き継ぐように重いガラス扉を手で押さえ、
さあどうぞ!
と内心張り切って後ろをうかがったら、誰もいない。
おうっと、私が最後でした。

きょうも似たようなことがあって。
都内の某有名な下町観光エリアに出かけた。
日傘をさして車道脇の細い歩道を歩いていると、
歩道をふさぐように駐車してある大きな車が現れた。
さらに隣り合う車道の車が信号待ちで渋滞状態。
歩く人々は一列になって、ひとりずつ、
駐車中の車と車道の車の隙間を通るしかない。
それまで二列や三列で好きに歩いていた人たちが一列になって細い道を行くのだから、進みは急にゆっくりになる。
やっと車の横を行き過ぎて、ほっと一息、
「私の後ろにまだ何人かいるかな」
となんとなく振り返ったら、誰もいない。
あれま。
一人でのお散歩。思いがけず車の横すれすれを歩いて、
少し心細さを感じたのを、なんとなく前後に人がいると思うことで元気づけられていたことに気付いた。



きょうの動物はカモシカです。優しそうな目。



(シロちゃんのLINEスタンプ販売中@・v・@)
  http://line.me/S/sticker/1137211