読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

どこでもお片付け

f:id:shouwano:20160325232401g:plain

 

きょう昼間、仕事中にパソコンに向かっていて
直帰のため…
と打とうとしたら
チョッキ  と変換されました。

会社のパソコンはときどきこういう妙な変換をしてきます。
(私は業務中に「チョッキ」という言葉を使うことはまずない)

こら!暇か!
と突っ込みたくなり、なぁんか機械じゃないみたいだなと思いました。





少し前からお片づけや、ものを捨てることが流行っていますね。

CDや本は電子媒体に形を変えて保管すれば場所を取りません。
実物への慣れや愛着を別にすれば、データ化しない理由はどこにもないように思っていました。
ところが、きょう、会社でメールの容量を空けるために古いメールを削除していて気がつきました。

あ、私同じことしてる…。

目には確かめられなくても、データが溜まっているのは嫌なのです。MAX容量の7割を超えるともう消したくて、すっきりしたくなる。
容量以下であっても、
「コレなんだっけ?」
というデータが場所を食っているのはなんとなくストレスだし、時間さえ許せば、きれいにフォルダを作り整然と階層に分けて、把握できるようにしたいのです。

会社のパソコンだから、まだ野放しになっている面がありますが、自身のスマホなんかはその傾向が顕著です。
アプリを入れると、けっこうな容量を取るものがあるので、ダウンロードしようか悩むときは、何MBかを確認して決めたりします。
何に使うという予定はなくても、スペースは多いほど気持ちいい。仕事をする机の上や、自身の部屋への感じ方と同じだなぁと思ったのです。

スマホの場合はアプリが多いほど電池の減りが早いので、あんまりアレコレ入れたくない、そういう事情もありますが)

どんな形をとったとしても、もの(データ)は放っておけば散らかったり増えたりする。そしてそれを定期的に見直し、良いようにしつらえるのはそれなりに大変。



パソコン上で削除したエクセルデータ。スマホ上で削除した写真。
あれらは、どこへ行ってるんだろう。
目に見えないモヤモヤがない分、私は部屋の片付けのほうが好きです。






(シロちゃんのLINEスタンプ販売中@・v・@)
  http://line.me/S/sticker/1137211