二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

一人ご飯で面倒くさいと思ったら

 

今朝は、久しぶりに「会社に行きたくないなぁ」と思いました。
理由は、三連休明けのだるさと、外の気温。
このまま部屋にいたいなぁ。外に出たのにサウナに入るみたいだもんなぁ。
玄関のドアをガチャっと開けたら、もう目の前が会社の自分の席!…とかならいいのに。
と、しょうもないことばかり考えながら仕度。

あ、でもそれだと自分の部屋にいる心地よさが減ってしまうだろうな。
それなりの距離があるから、気分をリセットできるんだもんな。
逆に、うだうだしながら会社に向かううちにだんだん仕事モードになっていくもんな。
うまいことできてる。

会社に着いたら着いたで、
「きょうはもう火曜日だ!」ということで気分が良く、わりと好調な滑り出しでした。
なんでしょうね、会社が嫌いなわけでは全然ないけど、
平日5連勤が当たり前の会社員としては、
祝日があって出勤日が少ない週というのはやっぱり嬉しいです。

そんな、思いがけずおいしい洋菓子をもらったような嬉しさ(=自分の意図や努力に関係なく降ってくる幸運)も、ふだんの5連勤があってこそ。
こうして時間を作ってブログをやるのも、これからは労働しなくていいです、24時間ご自由にどうぞ!という環境だったらやらなくなる気がする。
というか書くことがなくなりそう。







帰り道で、きょうはブログを書きたい、だからご飯は手を抜こう。と思いました。
それで、まずゆでたまごを作ることにしました。
2つゆでて、今夜と朝ごはんでひとつずつ食べるために。

おかずは何種類か作り置きがあり、納豆もあったので、
「あとは野菜がちょっと足りないな…。キャベツ刻めばいいか。」
そこまで考えて、ちょっと良いことを思いつきました。

千切りにしたキャベツを敷いて、上にゆで卵をのせたら鳥の巣みたいになる!

 

f:id:shouwano:20160719230239g:plain

 

それで、やってみました。それがこのイラストです。
卵をもうちょっとキャベツの中に埋めればもっとそれらしくなったかもな。
いま落ち着いて眺めるとそう思いますが、キャベツの上にゆで卵をそっとのせただけですっかり満足してしまい、そこまで気が回りませんでした。



手を抜きたいときは、ゆで卵を作ると良いです。
しっかり栄養がつまっていて、不足しがちな動物性たんぱく質がしっかりとれます。
(不足しがちなのは野菜、と言われがちだけど、とくに女性は意識して野菜を食べる傍ら肉を忘れている人がいる気がします。少なくとも私は気を付けないとそうなります)
お肉を使って料理をする手間は省けるし、鶏のから揚げなど出来合いのものを買うより安く済みます。


キャベツは千切りと言っても、トンカツ屋さんのように細かく整えられず、とてもランダムです。
それも忠実に写して描いたので、仕上がりを見てちょっと笑ってしまいました。
でも、そのおかげでより巣っぽくなった気もする。