二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

仕事中、めっちゃお腹が空いて

 

午後3時半頃、ふと気が付きました。
(あっ…お腹すいた。)

f:id:shouwano:20160721234405g:plain

 

お腹はひとつも声を上げませんでしたが。
静かにすさまじい空腹が押し寄せていました。
(なにこれ~めっちゃお腹空いてる。集中できないほどの空きっぷり。)
(お昼少なかったかなぁ…きのうと同じお弁当だったのにな)

f:id:shouwano:20160721234433g:plain

 

 

 

同じ部署の人からもらったお菓子があることを思い出しました。さっき引出の中にしまったばかり。
(あっお菓子あるわ。)
(でもなぁ。ボロボロなる系やからなぁ…)

f:id:shouwano:20160721234513g:plain

 

 

人目を気にして、食べないことにしました。

そのあとは来客があったり、部長に呼び出されたり、しばしドタバタ。
緊張したせいか空腹は少し和らいでいました。

結構な残業をして、やっと会社を出ました。

(やっと終わったよ。ごはんはどうしようかな。明日のお弁当はどうしようかな)
帰り道は概ねごはんのことを考えています。

f:id:shouwano:20160721234540g:plain

 

 

(きょうは遅いし疲れたから、ごはんは簡単にして、やることちゃっちゃとやって休もう)
今夜のメインはコンビニで調達し、お味噌汁だけ作ることにしました。

f:id:shouwano:20160721234606g:plain

 

 

さぁ、身体もきれいさっぱりして、やっとご飯です。
口に箸を運びながらふと、時間を見ると。
(あれ、もう9時近い!)

f:id:shouwano:20160721234633g:plain

 

 

あれだけ強烈な空腹を感じたのが午後3時半。
それから5時間以上が経っていたのです。

一時は倒れるくらいにお腹が空いたのに、わりともつもんだなぁと思いました。

胃の中の小人は、かなり早めに危険信号を送ってくるようです。
ひとしきり鐘を鳴らしたら、
「アァ疲れた。もう知らん」と投げ出して寝転んでしまった
という感じがしました。





私はもともと消化が早くて、わりと常にお腹を空かせているのですが、きょうのはとりわけ強烈でした。