二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

ある一日と読書


会社ではとても眠かった。


f:id:shouwano:20170913063237j:plain


こういう日が多いけど、このままでいいとは思っていない。

1時間早く寝ると全然違う。早めに寝ることを習慣にしたい。


朝のニュースでは、きょうは午後から雨が降るかもしれない、という予報だった。

ところによっては強く打ちつけるような雨、と気象予報士の人が言っていたので、折りたたみではなく普通の雨傘を持ち、レインブーツを履いて出勤した。


仕事を終えて夕方、さぁどうかな、と外に出てみたら、降っていない。

水溜りができていたから、一度降ったのだろうけど今は止んでいる。

駅まで歩いたけど、降らない。

降らないのかと思いながら電車に乗る。

最寄り駅に着き、家まで歩く。

途中パラパラっと降られるも、傘をさすには至らなかった。

f:id:shouwano:20170913063359j:plain

せっかくばっちりな格好で出てきたから、雨が降らないことが残念だった。

私は雨がそんなに嫌じゃない。

荷物が多くなければ。またレインブーツを履いていれば。あと寒くなければ。(条件多い)



家に帰る。

この日は旦那さんが仕事で帰らないので、ご飯は適当にする。

料理は好きで、向いている方だと思う。

だけど、毎日バリバリやると疲れる。

料理自体にストレスはないけど、やっぱり疲れる。

それを学んだので、意識的にやらない日を作ることにしている。


買ったばかりのKindleで、初めて本を買ってみた。

f:id:shouwano:20170913063550j:plain

電子書籍は、抵抗がないわけではないけど、前よりも慣れた。

場所を取るから…と買い渋るくらいなら、電子書籍で買えばいいと思うようになった。

(ときどきは本屋で本を買いたいと思っている。紙の本が良い、ことに加えて本屋がなくなったら嫌だから)


Kindleで買った小説は一気読みした。

あぁこのままじゃ遅くなる、と焦りを覚えながらも、読み終えるまで時計を見る気も起きないくらい、続きが気になって気になって、どんどん平らげるように読んでしまった。

f:id:shouwano:20170913063614j:plain

(イメージです。実際読んでたのは紙の本じゃなくKindleです。ややこしい絵を描いてしまった)


読み終わっておそるおそる時計を見たら、もう日付が変わる頃だった。

また寝るのが遅くなってしまった。




(ここからは本の感想)

少し前から同じ人の書いたミステリーを読んでるけど、面白くて引き込まれるのはもちろん、読み終わって、あぁ好きだなぁと思う小説が多い。

一つにはキャラクターが魅力的であること。

また、ほどよくコミカルであること。

そして話全体に熱と勢いがあり、作者が小説を推敲している図が思い浮かんでこないこと。

(伏線が多く、時系列が前後するミステリー、サスペンスは、話全体が精巧にできている印象を受けることがあり、それが作り手の存在を感じさせているな、と別の作家で思ったことがある)


登場人物がたくさんで、あれ、この人は誰だったか、と思うことはあるけど、それすら、自分も小説の中に飛び込んだ気持ちで、これだけいろんな人が出てきたら自然なことだよなと思えてしまった。


たくさん作品があるから、しばらく楽しめそうで、それを思うだけで嬉しい。