二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

少女漫画の1シーン

f:id:shouwano:20140609231943j:plain


もう高校時代に手放した漫画だけど、いまも正確に覚えている文章があります。


主人公は女の子。(だいたいそうだ)

付き合って間もないの男の子の肩に頭をもたれて、

「やっぱり○○くんはいいな」

と言ったあとのモノローグが以下。

《やさしいのに

    浸れるほど甘くはなくて

    あたしが考える時間をくれる》

そのとき共感や感動をしたわけじゃなかったけど、なんとなく「いいなあ」と思ったんだろう。ずっと頭に残っていて、今に至るまでときどき反すうしてきた。

ずっと忘れないのは、繰り返し思い出すから。


このモノローグに限らず、料理や編み物をしているときによく漫画の1シーンを思い出す。芋づる式にそこから話が展開されて、つらつら頭の中で追っていく。もちろん延々とは思い出せないけど、いけるとこまでいく。

勝手に頭がやっていることだけど、一種の遊びなんだろうな。


私は、机の周りや枕元など、手を伸ばしやすい所に漫画を置いておく癖がある。何かの気まぐれやついでに別の巻と取り替えない限り、その漫画をしつこいほど読むので、一字一句や、そのシーンが左右どちらのページにあったかまで暗記したりする。


「もう嫌っちゅー程読んでるのに、なんで読もうとするのか」

と我ながら思うけど、子供が同じ絵本をしつこく読むのと似たようなことかもしれない。

次に何が待ち受けるか分かって読む安心感。キャラクターの喜怒哀楽あふれるセリフや表情が楽しくて、次々ページをめくってしまう。