二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

読書・パソコン購入のこと


久しぶりにKindleで小説を買った。同じ小説家のホラー小説を二冊。きのうの日曜日にどちらも読んでしまった。

家に一人だったので、ホラーなんか読んだらダメだと思ったけど、読み始めたら止まらなくなって、サンプルを読み終わったあと迷わず購入。

夢中で読んでいたら、床がピシッと軋んでビクッとした。おおお…。よくあることだけど、よりによって、いま。また、途中でトイレに行ったら、扉を閉めるのをためらった。ちょうどトイレで忌まわしきものに襲われるシーンを読んでるところだったから。でも扉を開けたまま用をたすのは習慣上抵抗があるし、半開きのドアを見ながらというのも何か別の怖さを感じ、閉めた。(鍵もちゃんとかけた)

読書が好きと言いながら、普段常に新しいものを読んでるわけではないけど、たまにこうして時間が取れた日はタガが外れて、ばばばっと買ってしまう。時間があって読みたいと思っている限り、続けて。Kindleはワンタッチで買えて、実際の本と違って場所をとらないからついついハードルが低くなる。

特に漫画だと一冊読むのに20分もかからないから、複数巻出てる続き物とかだと、あぁ続きが気になる、次、はい次、と一日で何冊も買ってしまうということが起こる。(だいたい三冊くらいで我に返るけど)

でもたまにだし、楽しいのでよしとする。

*****

近々、パソコンを買い換える予定だ。パソコンは、なかなか気軽にヒョイッと買えなくて、のびのびになってしまっていた。もう一年以上前から買う買う言っている気がする。

まずパソコンをどんなことで使うのか確認し、メモリだのなんだのと、それに必要なスペックを知る。また、ネットに溢れるレビューやブログ読んでなんとなくイメージを持ったり、サイズ感を確かめる。

で、ヨシ、決めた。次出かけたら買う。と決意したところで、あいにく予定が詰まってて少し間が空いたりするすると、「ええと、なんだっけ」と初めからやり直しになる。スペックとかはメモっておけばいいんだけど、私の場合、この過程を通して「ヨシ、買う!」という清々しい気持ち、ワクワク感を醸成するのが大事な気がする。

金額が大きいということと、買ったら買ったで初期設定のような、複雑そうなことが待ち受けているイメージが大きい。だから、気持ちを盛り上げて、購入からスムーズに使えるようにするところまで、一気にいってしまいたいのである。

楽しみではあるんだけどな。いかんせん腰が重い。こんなに時間をかけて買うパソコン、もう、うんと高くてもいいから壊れなきゃいいのに、と思う。耐用年数なんてなきゃいいのになぁ。

f:id:shouwano:20181210220005j:plain

電気屋さんでもらってきたパンフレットたち)