二人暮らし*会社のこと

絵中心のブログ。簡単なイラストや動物のスケッチを描いています。

家で働く難しさ


なんでこんなに疲れてるんだろう。

毎日通勤している人からすれば、在宅勤務なんてまぁ羨ましい、という感じだろうし、声を大にして「在宅も疲れるねぇ」とは言いづらい。(ので、ここでだけ少し書かせてください)

通勤に要する体力、時間、リスクを免除されていることはありがたい。それはほんとうに。

でも、どうしても、会社に比べてPCなどの設備が使いにくいので労力を食うし、会社でないとできない仕事が一定量あり、それを会社にいる誰かにお願いする、という新しい業務が発生する。

(やってもらう分こちらの時間はカットされるはずだけど、絶えず申し訳なさが付きまとうし、完了報告が来るまでその仕事が済んだと思えないので、頭が休まらない)

そして、妊婦という事情から、ときおり腹が張って横になりたくなる時がありちょいちょい席を外すので、結果として仕事に向き合う時間は不足し、余裕をもって仕事を回せない。

在宅勤務の手はずを整えてくれた上司の一人は、「身体を大事にしてね、実際ずっとPCに張り付いてなくていいから、適度に適当にやってね」とこっそり言ってくれた。

心細いときで、その言葉はとても嬉しかった。でも、実際仕事をする場所が変わっただけで、仕事を取り上げてもらえたわけじゃなし、自分が抱える仕事はそのままだもんな。

仕事にあてる時間を少なくしたら首がしまるのは自分。

本来なら臨月まで働く予定だった。いま、いろいろと調節がしやすい立場にしてもらってることは確かなので、頭を使って、うまいことやっていかないといけない。


先日、炒飯がうまく作れない話を書いたあと、炒飯の素のことをブログに書いてくださった方がいた。ありがとうございます。

なんかこう、バシッと決まった味を一度食べて、そうだ、炒飯てこんなだった、てのを思い出したいと思った。

自分で調味料で味付けして作るのに、目標とする味をそもそもわかっていない(忘れている)ということに、気がついたのでした。

f:id:shouwano:20200603185826j:plain

(とてもお行儀のいいヘタのトマト)



LINEスタンプ『自然な気持ち』販売中ʕ·ᴥ·ʔ

https://line.me/S/sticker/10142048